カテゴリ:活動レポート( 1574 )
世の中で活躍し、成功している栄養士に見られる共通点。
d0047170_18063983.jpg
ご感想 米澤 須美さん
(東京都 
食育を根本から考える
「談らん日本ネットワーク」主宰
「食コーチング」第1期修了 管理栄養士)

 http://www.danran-nippon.net


d0047170_18071619.jpg

★≪パルマ キャリアアップ サロン≫ に

参加いたしましたので、

ご報告いたします。

今回は、元パルマローザ 会員、

スポーツ栄養士 
帝京平成大学講師の岸昌代先生。

≪バリエーションのある栄養士のカタチ≫

というテーマで、

お話しいただきました。

「ふだんは、プライベートなことは

 話さないのですが」とおっしゃりながら、

育った環境、学校選び、仕事選びなど

いろいろなことをお話くださいました。

今回、心に残ったことを3つあげます。

.間口の広さが、強み。

.いつでもセルフコーチング(自問自答)。

.現状に満足ではなく、未来を見ている。

間口の広さとは、

幼少期からピアノが大好きで習っていたことや

中学ではバスケ部、
高校では新体操部と運動部に所属、

大人になってからはクラッシックバレエを習うなど、

さまざまなことをご経験されていること。

また、社会人となってからは、

職場の仲間と食事に行ったり、

旅行に行ったり、

観劇、鑑賞など、

プライベートもとてもアクティブ。

仕事もプライベートも充実したライフスタイルで、

人間性の豊かさ、奥深さをを感じました。

そして、その間口の広さが、

栄養士の卵や音大生、

スポーツをする人、診療所でのお仕事など、

幅の広いお仕事につながっているのだと、拝察しました。

2、のいつでもセルフコーチングは、

学生時代から、自分を客観的に見て、

どうあるべきか、どうしたいかを

きちんと考えて行動されているということ。

また、セルフコーチングだけでなく、

悩みを1人で解決せずに、

まわりに頼っていらっしゃる。

「岸さんを助けてあげたい!」と

思う方がたくさんおられるのも、

それは、日ごろの人間関係が

いかに良好かということだと思います。

3の未来を見ている、というのは、

将来自分がどうしたいのかを

常に考えておられるということ。

そして、現状に満足しないというのは、

仕事のスタンスにおいても

そうでいらっしゃるということ。

与えられた仕事をこなすだけの働き方はしない。

より、自分の仕事をよくする、

たとえば、スムーズに仕事をするには、とか、

まわりスタッフに自分の仕事を

いかに理解してもらうには、

などを考え、行動しておられるとのこと。

その行動が、周りから頼られる存在になり、

助けたいと思わせる存在になっておられるのだと

思います。

2時間ではおさまりきらない、

岸先生のお話は、

これからの自分の仕事のあり方を

見直すきっかけとなりました。

キャリアアップサロン では、

毎回、影山先生が要所要所で、

いろいろな問いかけをしてくださいます。

そして、その問いかけから、

幅が広く、深いお話につながります。

問いかけの内容次第で、

どんどんその人の魅力が引き出されるのを

このキャリアアップサロン では、

学ぶことができます。

今回も楽しく、学びの多かったセミナーでした。

ありがとうございます。

『エンパル 』の増刷と

会員名簿の印刷、テキストの印刷を

小林さん、奥村さんにお手伝いいただきました。

ありがとうございます。



by e-brushup | 2019-01-17 18:12 | 活動レポート
バリエーションのある栄養士のカタチ。
d0047170_17392418.jpg
ご感想 奥村 花子さん
(東京都 HanaYoga&食スタジオ主宰
 「食コーチング」第4期修了 管理栄養士)

d0047170_17383108.jpg

2018年1月13日(日)は、

横浜・関内にある印刷所で、『エンパル』の増刷と、

会員名簿を印刷をお手伝いさせていただくところから

スタートいたしました。

その印刷所で年賀状ができることや、
パルマローザ会員は
40%引きにしていただける!!
特典があることを知りました。

その後、印刷をお手伝いした特典として!
少人数だからこそいただけたランチだったり、

ランチのときに、

影山先生や米澤さん、小林さんから
貴重なお話を伺うことができたり。


キャリアアップサロンの前に、

たくさんの情報をいただいておりました。

d0047170_17380602.jpg

そして、イザ、13名のみなさまとご一緒に、

キャリアアップサロンへ。

講師はスポーツ栄養士、

帝京平成大学講師の岸昌代先生。

テーマは

バリエーションのある栄養士のカタチ

d0047170_17381963.jpg


生い立ちについて、
ご自身でお名前の由来からお話しくださったのは、

岸先生が初めてだったように思います。

また一方で、これまでお伺いした

キャリアアップサロンの先生方と

愛されて育った幼少期という共通点。

そうして始まった今回のサロンで、

印象に残りましたことを

3つお伝えいたします。

1.セルフコーチングで人生を切り開く

 

 中学生の頃、ピアノの先生に

 部活のバスケをやめるように言われて、

 「ピアノは好きだけど、

  音大に行くレベルではないかもしれない。

  それよりバスケをやりたい」

 と選ばれたり、

 高校生のとき、学部を問わず
 偏差値で大学を決めるという、
「有名
大学に行きたい」 

 という周囲の方に疑問を持って、

 「何でもいいから学びたいわけではない」と、

 目的なく4年制の大学に行くためだけに、

 勉強はなさらなかったり。

 

 周囲に流されることなく、

 つねに「このままでいいのか」という

 自問自答を繰り返していらした岸先生。

 公務員を辞めるかどうかというときも

 同様だったとおっしゃいます。

 

 きっかけは自問自答でも、

 そこにはつねに、

 岸先生を応援してくださる 

 アドバイザーやサポーターが。

 こびることはなく、

 たえず周囲への感謝をされて、

 けっして人を押しのけることのないお姿。

 日頃から築かれている人間関係によって、

 応援してくれる方が

 たくさんいらっしゃるのです。

2.間口の広い人生。

 学生時代のピアノ、

 バスケットボールに新体操、

 社会人になってから、

 法学部に通われたこと、

 松山バレエ団でレッスンを受けたこと。

 岸先生が魅力的でいらっしゃるので、

 お仕事ではなく

 やっていらしたこともすべて、

 これからのお仕事に

 つながっていくことばかり。

 人間関係もご経験も、

 点を線に、線をカタチにするとは、

 こういうことなのだと思いました。

 「やりたいと思ったことはすべてやってきました」

 と岸先生はおっしゃいます。

 だからこそ、

 「芸術家の現場でサポートがしたい」

 と今後の展望をお話しくださったことも、

 きっと実現なさるのだとも思っております。

3.魅力的な答え方。


 影山先生が

 「16年の公務員時代は長かったですか」と

 お尋ねになりました。

 すると岸先生は

 「私にはちょうどよかったです」

 と即答されました。

 これまでのご経験に

 肯定的でいらっしゃる方は、

 次のお仕事やご経験も必ず成功させる方の共通点。

★★

懇親会では、

「これは言わなきゃと思っていたことで……」と、

公務員をおやめになる1年前に、

影山先生のお家に伺い、
フリーランスの栄養士としてのあり方を
お聞きになったことも、

現在に至っている理由の1つと、お話しくださいました。

懇親会までがセミナー。

あらためてそのように思った一幕でした。

★★

キャリアアップサロンでは、

先生それぞれの専門分野のお話は、

毎回異なることですが、

成功されている先生は

「人間関係が良好」

という点は共通しています。

それは、講師の先生が自ら

「私、良好な人間関係を築いています」と

おっしゃるというよりも、影山先生の問いかけによって

講師の先生の人間関係が
浮かび上がったときに見えてくることでもあります。


影山先生の問いかけによって、

奥行きと幅のある情報によって語られる場所、

キャリアアップサロンに、

これからも参加をしていきたいと、

あらためて思いました。

岸昌代先生、影山なお子先生、

ご参加のみなさま、

ありがとうございます。



by e-brushup | 2019-01-17 17:40 | 活動レポート
「香」で人を健康にする。
d0047170_17280688.jpg
ご感想 山同 紀子さん
(神奈川県 全国健康保険協会 神奈川支部
 「食コーチング」第2期修了 管理栄養士)


今年初めてのセミナー薗川貴子先生の

「立ち居振る舞いセミナー」に

参加させていただきましたので

ご報告いたします。

今回のテーマは「香り」。

新しい年の始まりにふさわしい

すばらしいセミナーでした。

印象に残ったこと3点お伝えします。

  1. 香りをまとう。

    まず先生は香りを「つける」ではなく「まとう」

    というコトバで表現され、

    香りは洋服や靴、アクセサリーと同じように

    TPОを考えて楽しむことができる

    ということをお話しされました。

今まではお仕事のときなどでは

香りをまとうことには

抵抗感を感じておりましたが、

お仕事の場であっても

「あまり個性が強くなく

 誰にでも好まれる
   柑橘系のような柔らかい香りであれば
   大丈夫」というお話をうかがい、

仕事中でも香りを取り入れてみたいと思いました。

そのほか寝る前やパソコン作業の間、

朝つけるなどいろいろな場面で

楽しみたいと思います。

注意点としては、
香は、まわりにも影響するので
不快に思わせないような香りを選び、
自分のイメージ作りをしてほしいとのこと。

  1. 嗅覚は生命をつかさどる最も古い脳に直接に影響を

    与える。

    したがって香りを嗅ぐことで

    一瞬で過去の記憶がよみがえったり

    自分の気持ちを変えたりすることができるとのこと。

    脳に関してはまだわからないことが

    たくさんあるのですが、

    脳科学が発達し、

    最近では香りがダイエットや認知症などにも

    効果があるのではないかと

    研究中だそうです。

    影山先生のお話では心療内科では
    「アロマ」療法を取り入れているケースが
    多いとのこと。

    これからは、
    もっと、積極的にいろいろな分野で
    取り入れられていくのではないか

    とのことでした。

    実際、
    スポーツの分野でも
    医療の分野でも、
    すでに民間の資格などもあります。

    香りを生活の中に取り入れることで

    人生が豊かになり、健康づくりにも役立ちそうです。

  2. 若い時の香りはキンモクセイとモモの香り。

    40歳以上になると強弱はありますが

    誰でもが加齢臭が出てくるそうです。

    若くてもストレスが多いときに出るそう。

    仕事でいろいろな方と面談をさせていただいておりますが、

    自分でも気づかず、
    加齢臭を発していると思うと

    やはり何とかしたいと思います。

    セミナーでは、
    みんなで5種類の精油を用いて

    アロマオイルを作成しました。

    その中にはキンモクセイの香りも入っており、

    さっそく使わせていただいております。

    日がたつにつれて香りも熟成されてとても

    よい香りを発しております。

    きょうは仕事の帰りにアロマのお店に立ち寄り

    アロマスプレーを

    購入して参りました。

    薗川貴子先生、影山先生、
    ご一緒させていただきました

    みなさまありがとうございます。

    セミナー終了後のお買い物や
    森田先生のお店で、
    塩プリンとケーキをいただき、
    充実した半日を

    過ごせたことを感謝いたします。



by e-brushup | 2019-01-17 17:31 | 活動レポート
アクションクッキングプロデュース、「おせち料理教室」。

d0047170_21354334.jpg

ご感想 堀之内文美さん
(神奈川県 株式会社 LEOC 
 「食コーチング」第5期修了 管理栄養士)

d0047170_21374501.jpg
 2018年12月30日(日)、
 アクションクッキングに参加をさせて

 いただきましたので、ご報告いたします。

 今回のテーマは、もちろん「おせち料理!」

 ずっと参加をしたいと思っていましたが、

 毎年、仕事の都合で断念をしておりました。

 今年は、転職をしたため、念願が叶い、

 参加をさせていただきました。

 モダンなお正月飾りに迎えられ、
 お部屋には イルミネーション。

 食卓には、すでに色とりどりのおせちが

 並べられ、ワクワク感たっぷり!

 22品ものバリエーションに富んだおせち料理を

 ご教授いただきました。

 自分の家でのおせちは、お煮しめ、昆布巻き

 黒豆など、「THE おせち」といったオーソドックスな

 ものばかりですが、教えていただいたものは、

 チーズやフルーツを使い、バラエティあふれ、

 華があると感じました。


 影山先生のお住まいの横浜・元町は、
 フランス料理店の多いエリア。
 そのためか、
 販売されているおせち料理も、
 フランス料理を意識したおせち料理が多いとか。
 
 また、お隣の中華街では、
 中華街ならではのおせち料理が
 販売されています。

 少し足をのばして、
 みなとみらい地区のホテルでは、
 お正月期間は、
 おせち料理をアレンジした
 ビュッフェが毎回大人気。
 
 先生は、
「栄養士は食のプロフェッショナル。
 老舗料亭のおせち料理から、
 スーパーで販売されているおせち料理まで、
 すべてが栄養士の専門分野でありたいですよね。
 だからこそ、自分自身でお味を楽しみ、
 それをコミュニケーションの活性化という視点から
 分析するのも楽しいのでは? 」と、お話がありました。

 「おせちは作らなくちゃ」と思っている自分。
 でも、これでは、「外食はダメ」と言っているのと

 同じだと気づかされました。

 今度、ぜひ、ホテルのおせちビュッフェに行きたいと

 思っております。

 ひとあし早く、ステキな先生と仲間に囲まれ、

 おせち料理を堪能することができました。

 おなかをかかえるほど、
 笑いが絶えないお料理教室は、
 アクションクッキング以外ないのではないでしょうか。

 来年もぜひ参加させていただきたいです。

 たくさんの準備をしてくださった

 影山先生、アシスタントの甲斐さん、

 ご一緒したみなさま、楽しい時間を

 ありがとうございます。


by e-brushup | 2019-01-01 21:43 | 活動レポート
家庭や仕事場以外で、支えてくれる場があることの幸せ。
d0047170_21400223.jpg
ご感想 三奈木麻弓さん
(東京都 行政 管理栄養士
「食コーチング」第1期修了 管理栄養士
日本体操協会認定 一般体操指導員)


こんにちは。

2018年もあと数時間となりました。

いかがお過ごしでしょうか。

12月30日は、
アクションクッキング おせち料理に

参加いたしました。

尊敬する先生やすばらしいお仲間と

1年を振り返る場があることの

ありがたさを感じながら

過ごさせていただきました。

お教えいただいた22品のおせちお料理。

定番のものとアレンジしたものが混在していて

バラエティ豊か!!

1年に1回だから同じものでも

新鮮に感じる点もあるのですが

毎年、アレンジしてくださるから

ワクワク度も高まります。

年末年始は夫の実家で

おせち料理は購入したものを

いただいているとお話したところ

「市販のおせちも貴重な情報源ですよね」と

お教えいただきました。

購入できるおせちの種類も豊富ですし、
一流料亭といわれるところのおせち料理は、
お値段も一流。そして、お味も一流。

ホテルでいただくおせちビュッフェなども
「食」のプロフェッショナル栄養士としては、
それらも強みになるのでは?
と、ご教示いただいたことで、

手作りにこだわってしまうと

見えなくなってしまう情報だと感じました。

今後、義母に甘えていろいろなおせちを

味わってみようと考えています。

アクションクッキングで
作ったおせちは、これから

みんなでいただく予定です♪

★アクションクッキングの最後に

 みなさまと一緒に1年を振り返り、

 「楽しく仕事ができたと感じた1年」

 と、お話させていただきました。

 以前より子どもが成長して、

 仕事に落ち着いて取り組めるように

 なったことも1つですが

 パルマローザのメンバーの方々が

 実践していらっしゃる

 「ダブルワーク」というコトバや

 影山先生から教えていただいた

 常勤でありながら「非常勤」として働くことを

 意識してきた1年だったからではないかと

 自己分析しています。

 キャリアアップサロンで

 輝いていらっしゃる先輩方のお話をお聞きできたことも

 大きいことだと感じております。

 ここで学んだことはすぐに実践に移せます。
 たとえば、講話のご依頼をいただいた際には

 ご依頼をいただいた理由を確認したり

 どんなことを期待してくださっているのか

 詳しくお聞きしたり、

 どうすればお役に立てるのか

 いままで以上に考えて臨むようになった結果

 いいフィードバックをいただけていることを

 アンケートや主催者の方の感想から

 実感しています。

 また、会議に出席することの多かった1年でしたが

 「食ジム」の効果を強く感じました。

 「表情」で会議に参加すること、
 身だしなみを整えること、

 問いかけながら、確認したり、気づきを促したり

 提案したりすること……。

 年末、先輩の保健師さんに
 私がおこなっていることに、
 肯定的指摘をいただき実感しました。

来年も楽しく学び続け、

新しい世界に向けて

半歩でも前進できる1年にしたいと

考えております。

2018年、先生方やパルマローザのみなさまと

ご一緒させていただけたことに感謝しております。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。



by e-brushup | 2018-12-31 22:06 | 活動レポート
12月30日は、おせち料理の日。
d0047170_21400223.jpg
ご感想 永野 幸枝さん
(千葉県 学校栄養士
「食コーチング」第10期修了
日本体操協会認定 一般体操指導員)

d0047170_21593719.jpg
2018年12月30日(日)、
平成最後のアクションクッキング・
おせち料理に参加しました。

印象に残ったことを

ご報告させていただきます。

「今年も!おせち料理にアクション♪」


玄関の華やかなお正月飾りに迎えられ、

ウエルカムドリンクをいただきながらスタート。

●情報もおいしさ

影山先生のおコトバ。

「おふくろの味は?」
と聞かれて

答えられないのは、

情報をコトバで伝えるスキルがないから。

コトバで言わないとおいしさは、伝わらない。

おいしさが伝わる表現、

情報の出し方を

お教えいただきました。 

おもしろいと感じたのは、

なんでも詳細を知らせれば

よいというわけではないということ。

TPOにより、

くわしくお伝えすることで

おいしさが倍増するケース、

あえて言わないほうが、

食が進むケース。

なんでも猪突猛進の私。

危うく地雷を踏むところでした。

本日参加でき、よかったです。

●お料理のバリエーションと

 盛りつけの楽しさ。

今回は、22品のお料理をご紹介

いただきました。

アクションクッキングが提供される、
おせち料理の楽しさは、

見ためが華やか。

お味、食感にバリエーションがある。

盛りつけも楽しい!!

みなさまとの会話も楽しく、

1年の締めくくりにたくさん笑い、

軽やかな気分で新年を迎えられる。

これも毎年うかがいたいと思える理由の1つ。

影山なお子先生、アシスタントの

甲斐和恵さん、たくさんのお料理を

ご用意いただきありがとうございます。

ご一緒させていただきました

三奈木さん、堀之内さん、徳本さん、

ありがとうございます。

たくさんのおみやげ、戦利品に

足元は、ふらついても、

ココロは、軽やか♪

来年もぜひ参加させていただきます!



by e-brushup | 2018-12-31 22:00 | 活動レポート
「過去は変えられない。だからきょうから変える」
d0047170_21532500.jpg
ご感想 田澤 梓さん
(神奈川県 大学駅伝担当栄養士
「食コーチング」第5期修了)


パルマローザメンバー間で
毎日共有してい情報源、
メーリングリストで、
以前、影山先生が担当なさっている、
国立劇場の研修生の方々に対する
食事相談、研修において
気をつけておられることが投稿されていました。

「私の担当するこの講義の数時間が
 誰かの心の癒しになったり、
 心の拠り所になってくれたりしたら、
 うれしい……と思いながら、
 毎回研修に臨んでいます。

 その結果、食事にも 
 興味を持ってくれるきっかけになったとしたら……」
 

とご投稿されていたことが印象に残りました。

そのことを心にとめ、
選手との面談をしたとき
栄養の話はしていなくても、

「田澤先生とお話ができてよかった」と

選手から言ってもらえたことがありました。

パルマローザのメーリングリストを通して、
毎日いただく、
みなさまから刺激をいただける環境がとてもありがたく、
子どもを3人育てていると、
(乳飲み子もいると)
なかなか外に出ていく機会もありません。

そんな環境でも、

進むべき道をいつも示してくださっていると
感謝しております。


さて、『エンパル』最新号を拝受しました。

高橋さんの文章を拝見し、感動しました。


私は委託給食会社に所属していたとき

有料老人ホームでの給食管理を
約2年間担当していました。

施設を運営する企業、
入居者の方々からの不平不満を受けたくないために

フロアーに出ても、
「お食事いかがですか」と通り一遍だった
若き日の私。

「おいしいです」と、
入居者の方々に言ってもらうことを
強要してしまうような声かけしかできていなかったと
高橋さんの文章を読んで猛省しました。

「お食事について、
 何かアドバイスいただけませんか」
とお伝えすれば、

さらに、
入居なさる方々の満足度があげられたかもしれない……と、
いまになって思います。

過去は変えられないので、
きょう、これから

クライアントの方々に
お尋ねしてゆきたいと誓いました。

貴重なお話を年末に拝読でき、

来年の目標も明確になってきました。

ありがとうございます。


by e-brushup | 2018-12-31 21:53 | 活動レポート
「人生、ガツガツ生きようよ!」
d0047170_21222889.jpg
ご感想 坂口 真里さん
(鳥取県 行政 管理栄養士
「食コーチング」第21期修了)

d0047170_21221884.jpg

2018年1222日に開催されました

「食ジム」第73回の

参加報告をさせていただきます。

d0047170_21224376.jpg

「食ジム」の参加は、10月以来2回目。

発言のタイミングや、

理解しやすい言葉選びなど、

何度も参加されている方々は、
「やはり違う!!」と、大いに感じます。

私の場合、
座長の大橋禄郎先生や
アドバイザーの影山なお子先生に促していただいて

やっと発言できるというくらい……。

あの場所にいられたからこその

ライブでの刺激を受けることができました。

とくに印象に残った点を2つあげさせていただきます。

1. 「人生をガツガツ生きる」

どれだけ世の中に参加していくか、
という自覚を屋号によって
示すことができるということを拝聴し、

屋号がたんに、個人で仕事をしていくための

ツールではないということをお教えいただきました。

栄養士として影響を与えていきたいという思いを

最も人目に触れる部分に示したものが

屋号であるということから、

組織に属している・属していないに関わらず

屋号を持つということの大切さを学びました。

2.「ニーズは、自らがつくるもの」

今回私が「食ジム」に参加した目的は、

「いまは『屋号』の必要性を感じていないけど、

これからを考えるために参加したい!」と思ったから。

参加することによって、

「もっとタイミングよく発言できるようになりたい!」

「ネーミングにこだわりをもちたい!」

「名刺を作り直したい!」

「参加者のみなさまが身につけているような、
 クリスマスのブローチが欲しい!」

といった、これまでなかったニーズが

わき起こってきました。

いまあるニーズだけにとらわれないで、

新しい情報に触れて、次のフィールドに身を置くことにより

新たなニーズが作られることを学び、

自分の振る舞い方次第で

相手のニーズを作り出せるという

発見ができました。

たとえば、健康に関心がないという人に対しても、

「健康のカタチ」を示すなどして

興味を持ってもらうことによって

「行動してみたい」というニーズを生み出すことが

できるように思います。

「ニーズがない」と、あきらめることなく、

自分ができることを考えながら

日常にも生かしていきたいと思います。

大橋先生、影山先生をはじめ

ご一緒いただいたみなさま

ありがとうございます。



by e-brushup | 2018-12-31 21:23 | 活動レポート
「ココにしかない情報!」を広島から学びに行く私。
d0047170_00240196.jpg
ご感想 高藤 法子さん
(広島県 病院 管理栄養士
「食コーチング」第21期修了)

d0047170_00224913.jpg

3連休の初日、
「食ジム」第73回に参加しました。
(2018年12月22日(土)

会場に到着すると、
赤、グリーンなどクリスマスにピッタリのお洋服、
アクセサリーをまとったみなさま、
そしてサンタ姿のお子さまも!

いつにも増して、楽しい雰囲気に包まれていました。

今回のテーマ
「肩書き、屋号のつけ方、活かし方。」


★ネーミングによってイメージががらりと変わる。
(例:ディズニーランドでは、清掃スタッフを

 カストーディアルキャストと呼ぶ。)

★ネーミング規模が大きいと信頼を得やすい。

(例:談らん「日本」ネットワーク、Hanaヨガ&食スタジオ)

人が何を求めているか、半歩先を見て、
自分の商品開発をしていくこと。

屋号、肩書きは自分らしさを表現し
また、自分の意識を変えるもの。

ココロが伝わる肩書き、屋号を考えることが

私の未来につながるでしょう。

名刺についてのディスカッションでは、

★名刺は自分の居場所を示すツール。

★名刺は1種類ではなく、
 TPO
によって使い分けが必要。

職場用をプライベートでお配りすると、

後々トラブルの原因となることもあるため。

いまの名刺を更新する必要を強く感じます。

大橋先生から、
「誰もが自分しか知らない環境にいる。
 そこで得た情報を魅力的に発信して
いくこと。
 自分がそのストーリーの渦中にいるという意識を持って」

「仕事へは給料をいただきながら

『取材に来ている』という心意気で」

明日からの生き方を強く後押しして

くださるオトコバをちょうだいしました。

座長の大橋先生、コーディネーターの影山先生、

ご一緒させていただいたみなさま、

この1年間ありがとうございます。

来年もよろしくお願いいたします。

☆追記
お名刺を作成するにあたり、
パルマローザの栄養士のみなさまも
お願いしているという会社を
ご紹介いただきましてありがとうございます。

さっそく、メールを

お送りさせていただきました。

ご紹介ありがとうございます。



by e-brushup | 2018-12-29 00:27 | 活動レポート
「食コーチング」による健康づくり、生きがいづくり。
d0047170_23595369.jpg
ご感想 三奈木麻弓さん
(東京都 行政 管理栄養士
「食コーチング」第1期修了
日本体操協会認定 一般体操指導員)

d0047170_23594439.jpg

影山先生が、
パルマローザのメーリングリストで
メンバーにご紹介くださった、
大橋先生からのおコトバ。

「三奈木さんはすごい!
 結婚しても、子どもがいても
 それをみじんも感じさせない」

「三奈木さんが『疲れた』というコトバを
 聞いたことがない!」

「子どもも、お母さんの背中を見て育つから
 いい子に育っていますし!」。

d0047170_00003531.jpg
広島県の高藤さんや鳥取県の坂口さんからは、
「三奈木さんを見ていると、
 いつも楽しそうでいらっしゃるので
 結婚もいいかなぁ……と思います」

「お子様が2人いらっしゃるのに、
 独身時代と変わらず、
 颯爽と、お子様連れで、
 広島や、長崎など 場所を問わず、
 研修会に臨まれる姿勢がすごい!
 (お子様は現地の保育園に預け、
  ご自身はしっかりお勉強をするというスタイル。
  子どもたちはいろいろの保育園に行けるので
  保育園が大好きに!)
 子どもがいても、学び続けることができるんだ!
 と、結婚のイメージが変わります」
 という趣旨のメッセージ!!

 恐縮しつつ、うれしく感じております。

d0047170_00001090.jpg

独身の頃からパルマローザで学ばせていただき

影山先生をはじめ、メンバーの方々の

ご結婚のカタチを

見聞きさせていただいていることが

今日につながっているのではと

感じております。

d0047170_00034157.jpg
自分の親が「結婚」のモデルであった頃は

結婚をポジティブに捉えておりませんでしたが

影山先生やパルマローザの方々が

ご結婚されてもアクティブで

人生を楽しまれているご様子を拝見し

「結婚」に対するイメージが変化しました。

さまざまな場面でご一緒させていただいたり

ときにご家庭に宿泊させていただいたり

(その節はお世話になりました!)

本当に感謝しております。

d0047170_00035844.jpg

さて、1216日(日)

栄養士・健康支援者のための

食コーチング入門 パート④を

聴講させていただきました。

大変おそくなりましたが、

ご報告させていただきます。

d0047170_00032113.jpg
聴講は、毎回ではありませんが

単発の出席を含め

定期的に出席しております。

初心に帰ることができる場であり

「先輩」として、背筋の伸びる場でもあります。

貴重な学びの機会です。

d0047170_00041888.jpg

★影山先生のご講義では

「対話力」のスキルアップについて

中心にお話くださいました。

d0047170_00043344.jpg

「対話力」を向上させるためのセルフチェックポイント

として、

髪型 表情 目線

姿勢 動作

対話の進め方

と、項目にわけて、

良い例と悪い例をお示しくださいました。

d0047170_00050998.jpg

なんとなく感じがいいというのではなく

具体的にお示しくださることで

自分のウィークポイントも

改めて把握し、意識することができました。

d0047170_00115226.jpg

ある都道府県では、

看護師の養成校で、
「栄養士」を取得できるようにと、
検討されていると伺いました。

たとえ、そうなったとしても、
栄養士である私たちは、

さらにスキルアップしなくては!! と、

メラメラ♪ と感じておりました。

d0047170_00005582.jpg

★大橋先生のご講義では

「食コーチ」として輝き続けるために

24期 食コーチング入門シリーズ
 受講の意味と今後の方向

について、お話くださいました。

d0047170_00110167.jpg

改めて、食コーチングについて

・どんなスキルを学んだのか

・スキルアップの必要性

・食コーチングの正しい位置づけについて

大橋先生から拝聴することで

その偉大さや

一生をかけて身につけたいスキルだということを

強く感じました。

d0047170_00112274.jpg

食コーチングを「伝える」のではなく

「カタチ」で」示していけるよう

今後もがんばりたいと思っております。

d0047170_00052815.jpg

★ご修了された

 浅尾沙也さん、阿部絵理さん、建部智江さん

 おめでとうございます!!

 またご一緒させていただけることを

 楽しみにさせていただいております。

d0047170_00111342.jpg

 ランチタイムも霧笛楼での懇親会も

 すばらしいお時間となりました。

d0047170_00103548.jpg
 大橋先生、影山先生

 聴講でご一緒させていただいたみなさま

 本当にありがとうございます。



by e-brushup | 2018-12-29 00:13 | 活動レポート



影山なお子が主催するイベント・研修会の活動報告。
by e-brushup