栄養士のための話し方教室に参加して
d0047170_003349.jpg渡邊先生の話し方教室は毎回新たな気づきがあります。私にとって悩みの種である言葉をかんだり、うまく舌が回らないのは脳からの指令に舌の動きが答えられないためとのこと。


「お口の周りの筋肉トレーニングと思って、
毎日少しずつでも発声練習することでまちがいなく効果がありますよ」
というお言葉にとてもモチベーションがあがりました。

そして今回は分かりやすい話の構成方法について教えていただいたあと、グループに分かれてプレゼンをし、レコーダーに録音をしました。後で聞いてみると自分の声のトーンが低いことや、ワンセンテンスが長いこと、いいよどみが多く話の内容がよく整理されていないことが気になりました。

グループの方からもフィードバックをいただき、再度トライしてみると2回目はすっきりしてわかりやすくなっていました。イントロ→ボディ→コンクルの流れに沿って話のポイントを3つにしぼることでとても説得力がでることもまた実感いたしました。今後学んだことを仕事のうえでも生かしていきたいと思います。

今回は初参加の方も多かったのですが、
皆さんとても熱心に学ばれていてそれもまたとても刺激になりました。
講師の渡邊先生、企画してくださった影山さん、
司会や会計を担当してくださった尾尻さん、甲斐さんありがとうございました。
担当:山同紀子さん(神奈川県 小田急健康管理センター 管理栄養士)
[PR]
by e-brushup | 2009-06-23 00:02 | 活動レポート
<< スマイル体操・講師を担当させて... 第223回栄養士ブラッシュアッ... >>



影山なお子が主催するイベント・研修会の活動報告。
by e-brushup