「食コーチング」スキルアップ研修に参加して。
d0047170_23261183.jpg
ご感想 三奈木麻弓さん
(東京都 行政 管理栄養士
「食コーチング」第1期修了
 日本体操協会認定「一般体操指導員」)

2018年9月17日(月・祝)

イギリス館でおこなわれました

食コーチングスキルアップセミナー

「こう聞かれたらこう答える100本ノック」

に参加いたしました。

講師は影山なお子先生。

問いかけられたとき

いかに魅力的に答えるかについて

実践トレーニング!!
を重ねた1
日となりました。

たまたま、
メンバーが行政栄養士の3
名だったからこそ

どんな点に気をつければよいか

こんなときはどうすればよいかなど

学ばせていただき、本当にラッキーでした。

印象に残った点を、
3
点に絞ってご報告させていただきます。

(1)相手が「この人に尋ねてよかった」
  と思っていただける答え方に。


 影山先生の答え方が魅力的なのは

 この大前提があるからなのだということに

 あらためて気づかせていただきました。

 冒頭で、外食のデータをお示しくださいました。

 データを持っていることは

 自分の住んでいる地域のことや相手の地域のことを

 魅力的に伝えるために必要なこと。

 さらに、ある程度の情報を持っていることで

 相手に問いかけやすくなり

 肯定的指摘もしやすくなるのだと

 お教えいただきました。

 「最近どうですか」と聞かれたときも

 聞いてくださった方への感謝が伝わるように

 少なくとも相手のモチベーションを下げないような

 答え方をしていきたいと思います。

(2)いつも「誰かに伝えよう」という意識で

  情報収集を。

 ・最近、どちらに出かけたのですか?

 ・感銘を受けた映画や本は?

 ・趣味は何ですか?

 という問いについては、

 「誰かに伝えよう」という意識や

 自分自身に問いかけてくれる人が不足しているために

 薄っぺらな報告になってしまうということに

 気づけたことも収穫でした。

 どこに出かけたとしても、

 どんなものを観たとしても

 「食の専門家」として伝える場があると思って

 情報収集すること、記録しておくことが

 とても大事であると感じました。

(3)「タイムリーな情報」はもっと魅力。

 齋藤春子さんのセミナー報告は

 いつもいつもスピーディで、タイムリー!!

 「それが齋藤さんの人望の厚さにつながっている」

 と、影山先生は指摘されます。

 齋藤さんのようにタイムリーな情報発信を

 見習わせていただきたいと思いながらも

 なかなかできないわが身を反省しながら

 少しでも近づけるよう努力を重ねたいと感じております。

魅力的な答え方の定型文があるのではなく

・問いかける材料(情報)を持っておくこと

・そして、自分はしゃべりすぎることなく

・相手の反応や状況に応じて情報量を調整していくことも

「魅力的な答え方」につながるのだと

実践を重ねながら学ばせていただきました。

影山先生、

子どもと一緒に参加させていただきまして

本当にありがとうございます。

終了後のショッピング、お茶の時間まで

本当に充実したお時間となりましたこと

お礼申し上げます。

ご一緒させていただきました、
永野さん、齋藤さん

ありがとうございます。



[PR]
by e-brushup | 2018-10-10 23:26 | 活動レポート
<< 「こう尋ねられたら、こう答える... 1回でも効果を感じる、栄養士の... >>



影山なお子が主催するイベント・研修会の活動報告。
by e-brushup
カテゴリ
活動レポート
最新のコメント
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
メモ帳
テーマは
『人間力を磨くブラッシュアップセミナー』

ブラッシュアップセミナーは、影山なお子が主宰する、健康支援者のスキルアップ、テーマ研究、交流などを目的とした、健康支援者のためのサークルです

ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧