目には見えないモチベーションの原動力は、ココ横浜にも。
d0047170_23012127.jpg
ご感想 笹川 真澄さん
(石川県 フリー 管理栄養士
「食コーチング」第7期修了)

d0047170_23005894.jpg
2018年6月10日(日)、
パルマローザスペシャルセミナーに参加しました。
テーマ
≪健康論として「モチベーション」を考える≫
講師 大橋禄郎先生
会場 横浜市技能文化会館
時間 10時30分~午後5時30分
d0047170_23013486.jpg
研修中、ずっと、
五感すべてで楽しませていただきました。

目……いつまでも若々しい大橋禄郎先生。
   みなさまのお衣裳。
   三上聡美栄養士が作成された名札。
耳……もちろん、ご講義! 佐藤由起子栄養士おすすめのBGM。
舌……憧れのレストラン「霧笛楼」でのスペシャルランチ。
触覚……そこはかとなく漂ってくるよい香り。
触覚……テキストの手触り。ふわふわな葵ちゃんの手!(フフ)。
d0047170_23042090.jpg
数十年前から、
大橋先生が考えてこられたという集大成のご講義。
1日かけて壮大なお話を伺い、
その後、
モチベーションをものさしに
ものごとを考えている自分がいる。

まずはイントロクエスチョンから、
はっとさせられることが多くあった。
8問あるうちの4問を以下に紹介。
d0047170_23023623.jpg
・ヒトのモチベーションの多くは
 本能的に「健康志向型」になっている。

・モチベーションは、
 内的刺激、外的刺激にいよって誘発されるものだが、
 年齢を重ねるほどに、
 内的刺激よりも外的刺激によって行動を起こす傾向が強くなる。

・栄養士、健康支援者には、
 食事相談のとき「栄養指導」や「行動変容」を目指して
 仕事にあたる人が多いが、
 対象者のモチベーションアップを図ることを
 同時進行的に行なう人はきわめて少ないのが現状である。

・行動療法では、心臓の拍動、血圧、睡眠、休憩なども「行動」とする。
d0047170_23051625.jpg
図書館から「行動療法」の本を借りてきて読んだ。
血圧は、睡眠や運動、食事などで変わってくるから、
これも「行動」の一部とするようだ。
う~~~ん!

イントロクエスチョンは、
脳の活性化にも役立つが、
先生の想いも背景に透けて見えるように感じる。
d0047170_23015739.jpg
「きょうはモチベーションについて奥深いぞ!」と、
心して拝聴する覚悟ができた。

テキストを読めば読むほど
迷路に入り込んだようにわからなくなってきた。
d0047170_23021219.jpg
欲求こそが、行動に我々を駆り立てている原動力だ。
欲求というコトバも奥深い。
社会性、連帯への欲求は、人類誕生にもさかのぼる。

「利他行動」をするチスイコウモリの習性を考えると
人類だけのものではないのが驚き。
モチベーションは相対的には
健康志向、個別では薬物依存、犯罪などに行く場合も。
d0047170_23054950.jpg
行動の定義も、目に見える動きをともなう行為、
不安や怒りなどの感情も行動。思考も行動。
ものごとの受け止め方も行動療法では行動の一部。
興味深い。

「気」というコトバを「広辞林」でひいてみた。
約1ページにわたり書かれてある。

膨大な量だ。目には見えない、
しかし確かに存在する「気」。
ノートに書きだしてみたが、
気が遠くなりそうで断念した。
d0047170_23060826.jpg
いよいよモチベーション。
病気にならないように、
健康を維持しようというモチベーション、
そこは、我々健康支援者の本領発揮のところ。
モチベーションとライフスタイルをしっかりと理解したい。

ライフスタイル(価値観、人生観など)は、
個々人のモチベーションの総体である。
個人がどこへ向かって、どう生きるか。
d0047170_23065536.jpg
それは、数十万、数億という単位の
モチベーションの組み合わせから生まれる結果。
加筆、削除、書き直しは人生が終わるまで続く。
個々人で違うことを忘れてはいけない。

30年以上前から大橋禄郎先生が考えてこられた、
「生きがい」「ライフスタイル」「モチベーション」。
それぞれ、自分のモチベーションを高める、
他者のモチベーションに関わる仕事であることを肝に銘じたい。
まずは自分の足元から。
d0047170_23070981.jpg
モチベーションを高める問いかけとして、
先生は例をお示しくださった。
氏名のいわれ、出身地、仕事の内容、好きな飲食物、
週末や休日の過ごし方など。

先日、母からメールがきた。
「あした映画に行こうと楽しみにしていたのに、
◎◎が、『今度の休みに一緒に行こう』と言われた」と。
延期されたことが不服そうだった。

そこで私「ワクワクするって大事ね。
今度の休みまで長くワクワクできるね」と返事をしたら、
「そういう考え方もあるね」と機嫌を直したみたいだ。
d0047170_23075015.jpg
先日旅行で泊まった宿で、
ある仲居さんが
「みなさん、100万石まつりの日に、
どうしてわざわざこんなところに来られたんですか」。
そのひとことで我々の気持ちはダウン。

朝食会場で出会った別の仲居さんは
「私の祖父なんて誘っても行きたがらないんですよ。
みなさまご一緒に旅ができてお幸せですね」。
我々、満面の笑みで「にこっ」。
d0047170_23100352.jpg
ほんの一言で、モチベーションは急降下したり、急上昇したり。
一言のチカラの大きさを考えさせられた。
d0047170_23130418.jpg
目には見えないモチベーション。
人々のモチベーションに関わる健康支援者の1人として、
「さらにがんばろう!」と思えた
ふか~~~い1日でした。

やはり、横浜に詣でた甲斐がありました。
先生がた、みなさま、
ご準備をしてくださったすべての方々にお礼を申し上げます。

d0047170_23132292.jpg


[PR]
by e-brushup | 2018-06-28 23:13 | 活動レポート
<< プライベートの充実が、アクティ... ≪アクションクッキング≫で輝く... >>



影山なお子が主催するイベント・研修会の活動報告。
by e-brushup