みんなで学ぶ。みんなで輝く。
d0047170_1130179.jpg

ご感想 笹川 真澄さん
(石川県金沢市 フリー 管理栄養士
「食コーチング」第7期修了)


こんばんは。
少々雪が降っている金沢の笹川真澄です。

雪が降ると、自分の足跡が見えます。
普段は忘れていますが、
一歩一歩、自分の人生を歩いていることを、
確認させられます。

先日、遠距離クラスの文章教室に参加いたしました。
宿題発表、前回の宿題のお返し、
きょうの授業の内容で
進みました。
今回も考えさせられ、学びが多い1日でした。

宿題発表(私的な記録の形式と記述方法での考察)では、
「ユーモアノートをつくったの?で、どのくらい書いたの?」
「心がけたい・・・・・・と書く人は、たいてい書かない」
大橋先生がおっしゃった言葉に
みな、どきっ!

私的な記録は、実行して初めて役に立つもの。
何を書くのか。また継続が大切。
いつまで続くか、自分との勝負!

おひとり、おひとりへのアドバイスを聞くことも
勉強になります。
2つ分析し考察した方には、
「あと3つくらいねばってみない?」

「そんな細かいことより、本質的なことが問題では?」

「クリエイティブな才能がない人は整理を先にやってしまう。
整理整頓はいいが・・・・・・」

授業「ライフワークの見つけ方、続け方」は、
避けては通れない重要なテーマでした。
むずかしいので、まずは人のものを観察してみようと思います。

授業以外の時間で、
勉強になったこともたくさんありました。

影山先生、大橋先生から
今回は、お礼状についてのすてきなエピソードを
聞かせていただきました。
学んだことは、お礼状は必ず出すこと。
私は、なかなか実行できていません。

「え?そんなところにまで出すの?」
そういう行為が、
実は社会のシステムを変える
原動力になることもあるそうです。

もうひとつ。
「私にできることがあったらさせてください」
この気持ちが、自分を次のステップに押し上げることに
なるかもしれないそうです。
「いましていることを大事に、
小さな仕事でも、誇りをもって手抜きせずおこないなさい」
心にしみこむお言葉でした。

人生においての
とても重要な珠玉のエッセンス。
大橋先生の口からこぼれる言葉を、すかさず、
両手でキャッチ!
この瞬間に居合わせた幸せ。

思ってもみなかったウイッグ体験、ぜいたくな桜もち、
他にもすてきなことが満載な文章教室でした。
大橋先生、影山先生はじめ、
すてきなみな様と過ごさせていただいたこと、
感謝申し上げます。
[PR]
by e-brushup | 2014-01-23 21:16 | 活動レポート
<< 美しい姿は美しい顔に勝る。 「ヨーガ」レッスンを通して健康... >>



影山なお子が主催するイベント・研修会の活動報告。
by e-brushup