「食」にものさしがあるように、「字」にも、ものさしがある。
d0047170_7451592.jpg
高橋えり先生の手書き文字レッスンの
二回目に参加いたしましたので、ご報告いたします。
ひさしぶりで緊張しての参加でしたが、
高橋先生があふれる笑顔で迎えてくださいました。

とても嬉しい幸せな気持ちで
3時間のレッスンがあっというまに過ぎてしまいました。
今回参加して、印象に残ったことが3つあります。

(1)目安、基準があると、自分でも文字の改善点に気づくことができる。
演習の中で、自分の字が真っ直ぐに見えない理由がはっきり自覚できました。
これまで文字をまっすぐに書いたつもりでも
曲がって見える理由がわからなかったのが、
ほんの少しの時間で原因がわかり、
気持ちが晴れやかになりました。

(2)筆記具は洋服と同じでTPOがある。
高橋先生はペンケースを仕事用、
プライベート用と分けていらっしゃるそうです。
実際にプライベート用のペンケースの中に入っている筆記具を見せていただきました。
今回ご紹介いただいた筆記具は15種類ありました。
さらにシャーペンは5本、
ボールペン5本、万年筆…など、複数本ずつある筆記具を
用途別に使い分けていらっしゃいました。

使う回数は多くなくても、必要なその時のために備えていることで、
どんな場面でも対応できるよう
つねに準備されているそうです。
まずは自分が持ち歩いている筆記具を見直し、
職場用、プライベート用を準備して、
それぞれのシーンに備えようと思います。

(3)文字を通して自分と向き合い、
文字を通じて人生を作り上げていく。
乱雑な場所では落ち着いて字は書けないと、
高橋先生やレッスンにご一緒した受講生の皆さんから伺いました。
レッスンの後、自宅や職場で改めてそのことを実感いたしました。
きれいな文字を書くためにも物事に正面から向き合うためにも
環境を整えることが必要であると教えていただきました。

手書き文字レッスンを通して文字の書き方だけでなく 
自分を見つめこれからの人生を考える
機会となりました。

高橋えり先生、会を主催されている影山先生
受講生のみなさま、ありがとうございます。
ご担当:植村 寿香さん
(神奈川県  特別養護老人ホーム 横須賀愛光園)
[PR]
by e-brushup | 2011-09-29 07:48 | 活動レポート
<< 健康支援者のための「人間学」。 栄養士は「字」も命!! >>



影山なお子が主催するイベント・研修会の活動報告。
by e-brushup
カテゴリ
活動レポート
最新のコメント
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
メモ帳
テーマは
『人間力を磨くブラッシュアップセミナー』

ブラッシュアップセミナーは、影山なお子が主宰する、健康支援者のスキルアップ、テーマ研究、交流などを目的とした、健康支援者のためのサークルです

ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧