健康支援者のための話し方セミナーに参加して。
d0047170_2113998.jpg
今年は、3回シリーズの渡辺先生による「話し方教室」に、
パート1からパート3まで、参加することができ、今、
充実感でいっぱいです。

主催者の影山さんのお話によりますと、パルマローザでは、
渡辺先生の「話し方教室」を開催して、7年になるそうです。

私は、パルマローザに入会して6年になりますので、毎年、
渡辺先生による「話し方教室」のご案内は、目にしていました。
しかし、今年まで「話し方教室」に参加したことが、ありませんでした。
それは、「話し方」を学ぶ人は、アナウンサーやマスコミ関係
を目指す人だと思っていたからです。

しかし、昨年のリーダーシップゼミに参加して、その考えが、
勝手な思い込みであることに、気づきました。

リーダーシップゼミでは、渡辺先生による「話し方」のご講義
もありました。

その講義を受講して、「話し方」とは、ただ発声方法を学ぶ
ことではなく、「伝えたいことを伝えたい相手に伝えること」
だということに気づきました。

そして、健康支援者にとって必要な高いコミニュケーション力を
つけるのに、不可欠なものだと実感しました。

それから、講義を受けた内容を何度も読み直し、実践しました。
するとどうでしょう。

自分の伝えたいことが、すーっと、伝えたい相手に入っていく
のです。そのことで、話すことが楽しくなりました。

今年、パルマローザのセミナーで渡辺先生から教えていただいた
ことをまとめると、下記の通りです。

パート1では、「わかりやすい話し方」について。
パート2では、「自然なスピーチをする方法」を。
そして今回のパート3では、「聞き手の心をつかむ
スピーチ」についてです。

渡辺先生のご講義は、毎回、とてもわかりやすく、楽しくて、
時間がアッという間に過ぎていきます。
渡辺先生の話し方そのものが、とても魅力的で勉強になります。

そのような「話し方教室」を、今年は3回すべてに参加出来て、
充実感でいっぱです。

「伝えたいことを、伝えたい相手に伝える」

そんなコツを、ていねいに教えてくださる渡辺先生の「話し方教室」
を、これからも楽しみにしています。

 主宰者の影山さん、いつもセミナーの企画開催、ありがとうござ
います。パルマローザのセミナーは、時代に先駆けてのセミナーが
いっぱい。パルマローザでしか学べないセミナーの開催を、これか
らも楽しみにしています。
ご担当:花崎 智恵美さん
(三重県 はなさき料理教室主宰 管理栄養士)
 http://web.me.com/ajiwai09/hanasaki/
[PR]
by e-brushup | 2011-09-04 21:02 | 活動レポート
<< 横浜元町でさわやかなランニング! 健康支援者のための話し方教室に... >>



影山なお子が主催するイベント・研修会の活動報告。
by e-brushup