「衣服」で自分やまわりの健康度もアップ!!
d0047170_23414342.jpg

ご感想:野口佐奈絵さん
(東京都 春日クリニック 管理栄養士
「食コーチング」第2期修了 管理栄養士)


2013年2月11日、
≪食コーチングプログラムス≫主催
「身だしなみセミナー」に参加しましたので、
ご報告させていただきます。

アシダさんのお店で開催されるセミナーに
今回で3回めの参加となりました。
毎回、ファッションの最先端に触れながら、
自分のものさしにブレがないか、見直し、
気持ちやお洋服も整える機会になっています。

おススメいただいたお洋服を試着させていただいては
「あらっ! いいかも?」 「ありかしら?」と
舞いあがってしまうこともしばしば。

三奈木麻弓さんからのご報告にございますとおり、
私も、アシダさんのお洋服で
ビジネスやプライベートにおいても
自信が高まり、ことがスムーズに進んだ経験をしております。
私は、特にジャケットに袖をとおすことで(パンツもですが)
「よしっ!」とギアが変わり、パワーをもらっています。

今回は、参加者2~3人の組にわかれての試着。
私は、長崎県の塚本ゆみ子さんとペアになり、試着開始!

「研修会の司会者の立場だったら・・・・・・」
「研修会の参加者の立場だったら・・・・・・」
「お食事会などのときには・・・・・・」などなど、
塚本さんは、どのような場面で着たいお洋服か、
具体的にイメージされておられたので、
塚本さんにあったお洋服をスマートに
見つけられていたように思います。

Spring Summer Collection 2013の
インタビューの中でデザイナーの芦田多恵さんが
おっしゃっていることが印象に残っています。
たくさんの場面をもち、活躍している都会的な女性、
 ビジネスだけでなく、プライベートでも
 どの場面でもファッションの手を抜かない
 価値観をもった女性に着てほしい


私が特に印象に残ったことは次の3つです。
1.身だしなみ(衣服)は非言語表現のうちの1つ。
  見た目で判断されるため、
  自分次第で、環境やコミュニケーションも変化する。
  自分自身のモチベーションアップのために
  「目に見える健康」として、整えておくことのたいせつさを
  改めて感じました。

2.ライフスタイルにあわせて選択する、
  (ライフスタイルを知って、アドバイスをする)。
  どのような場面で着るのか、
  すでに持っているお洋服やくつ、バッグなどとの
  コーディネートもあわせて考える。
  ここでも、具体的な準備がたいせつと思いました。
  
  またお店のスタッフさんにもライフスタイルをお伝えしたり、
  それにあわせた問いかけをしたりすることで
  適切なアドバイスをいただいたり、
  よりよいコミュニケーションを築いたりすることにつながること。

3.寒さや暑さでお洋服選びをするのではなく、
  ビジネスなど場面に応じた服装を。
  それが社会的地位の向上にもつながること。
  (薄着でも、コートやマフラーなどで防寒の工夫を)

今回も、ご一緒させていただいたみなさまの
カッコいい着こなしと表情が変わる場面、
影山先生のアドバイス、ファッションセンスや視点、
お店のスタッフの方々のおもてなしに触れ、
刺激を受けながら、楽しい時間を過ごすことができました。

先日、購入したお洋服が手元に届き、
箱を開けた瞬間、「わぁ~」と気持ちが高ぶりました。
ていねいな包装や
スタッフさんの手書きのメッセージからも
日々、マネしたい非言語表現がございます。

コーディネートしてくださった影山なお子先生、
ご一緒してくださったみなさま、
本当にありがとうございます。
[PR]
by e-brushup | 2013-02-20 23:44 | 活動レポート
<< 憧れの白いジャケット……。 「ライフタイルノート」ただいま... >>



影山なお子が主催するイベント・研修会の活動報告。
by e-brushup
カテゴリ
活動レポート
最新のコメント
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
メモ帳
テーマは 『人間力を磨くブラッシュアップセミナー』

ブラッシュアップセミナーは、影山なお子が主宰する、健康支援者のスキルアップ、テーマ研究、交流などを目的とした、健康支援者のためのサークルです

影山なお子のサイトは http://www.palmarosa.jp
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧